カフェの看板吊り下げ旗をご依頼いただきました(吊り旗)

カフェの看板吊り下げ旗をご依頼いただきました(吊り旗)

手旗(添乗員旗、バスガイド旗), 旗の事例, 実績・お客様の声
2020.04.06
Pocket

京都の金閣寺近くのカフェ「Cafe Green Garden」様より、

メインの通りから少し入ったところにあるので、

お店のあることがわかるような看板旗を作りたいとのご依頼をいただきました。

 

弊社ブログにある「常在寺」様の吊り旗をご覧いただき、

同じタイプのものをご希望とのことで、

早速どんなデザインが良いか手書きで提出していただきました。

こちらの案を元に弊社でデザインを起こしてみました。

頂いたデザイン案とは別にシンプルラインのデザインもご提案しました。

 

ホームページを拝見すると、カフェでありながらお抹茶教室も開催しているようでしたので、

抹茶のグリーンをイメージしたデザインもご提案させていただきました。

 

すると「C」のデザインを気に入っていただけたようで、

こちらで製作を進めることになりました。

 

しかし、打合せのやり取りの中で、

「京都の景観条例があり、あまり派手な色合いは不可」ということを

お聞きしたのをふと思い出し、

この「C」の色合いではかなり派手な部類に入ってしまうのでは?と不安になりました。

 

そこで、再度色合いを落ち着かせたものをご提案し、最終的に出来上がったのがこちら。

吊り下げ旗 表

とても落ち着いたおしゃれな雰囲気に仕上がりました。

裏はこんな感じです。

吊り旗 裏側

看板旗ですので、表からも裏からも同じ文字が見えるように

間に遮光生地を挟んだ「遮光スエード」という生地を使っています。

 

常在寺様は三面縫製しておりますが、こちらは下部の三角の部分は縫わずにヒートカット処理にしています。

ヒートカット処理

お店に飾られたお写真をいただきました。

お店の外観のグリーンとぴったりな色合いです!

しかし、吊り下げタイプの旗ですと、横になってしまうので縦にするようにテープで固定されています。

最終的にはこのような形に固定してお使いいただいておりますが、

こんな感じに吊るすならば、横断中旗のような旗から横棒が出ているタイプにしておけばよかったですね。

私ももっとよくお話しを聞いてどんなところに吊るすのかよく確認しておくべきでした。

 

吊り下げ旗は最近とてもニーズが多く、よくお問い合わせをいただきます。

通常の手旗ですと垂れ下がってしまうと内容がわからないので、誘導する際には吊り下げタイプが見直されています。

 

オリジナル吊り下げ旗
サイズ:W400mm×H500mm
生地:遮光スエード
プリント:昇華転写両面同柄
仕様:丈夫15Φ×400mm塩ビパイプ+白ヒモ
参考価格:25,000円~

 

オリジナル旗専門店 ハタメクへのお問い合わせはこちら

バルコニーのあるとっても素敵なカフェですので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
Cafe Green Garden 様のホームページはこちら

常在寺様の吊り旗の記事はこちら

Pocket

PAGE TOP