校旗の修理はできますか?

校旗の修理はできますか?

2017.01.30
Pocket

校旗は永年使っていくと、色があせたり、刺繍がほつれたりしてまいります。
大切な校旗なので修理して使いたいとお考えのお客様より校旗の修理ができますか?とお問い合わせがございます。

 

刺繍をほどこしている校旗(会旗)は、刺しゅうのほつれが出てきた場合
他の糸もほつれやすくなってしまっているため通常は修理は不可なのですが、出来るようになりました。

 

旗の修理については詳しくはこちらをご覧ください→

 

周囲の飾りフレンジ(周りのひらひら)の修理は可能です。
フレンジは新しいものを付け替えることができます。

 

フレンジは素材・形に種類がございますので、一度メールや問い合わせフォームにて
画像をお見せくださいませ。

 

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

 

 

付属品については旗棒の先に付ける竿頭(真鍮製の三方正面)は修理できます。

 

永年の使用でメッキやハンダが剥がれたり、壊れることもございます。
熟練の職人が手作業で修復しメッキを施しきれいな状態に戻します。

 

但し、状態によっては新しく作った方が安くできる場合もございます。
また、接着剤やセロテープなど使用されると修復が難しくなりますのでご注意ください。

 

 

kantou1

 

※プラスチック製の竿頭(冠頭)は修理不可です。

 

 

その他の付属品(旗棒・旗保存箱・房)については修理は不可となっております。
校旗(会旗)修理をご希望の場合は、現状の画像メールまたはお問い合わせフォームにてをお知らせください。
修理が可能な場合はお見積りさせていただきます。

 

校旗の修理はオリジナル旗専門店ハタメクまでお問い合わせください→

Pocket

PAGE TOP