校旗・会旗・高級旗の生地

校旗・会旗・高級旗の生地

2017.09.19
Pocket

校旗・会旗・団旗、優勝旗などの高級旗に使われる旗生地は、たて糸とよこ糸を組み合わせて,機(はた)で織った織物です。

糸を織り上げて美しい文様を織り出します。

 

校旗・会旗・団旗、優勝旗は、高級な生地を使ってお作りになられますと、長年にわたり品質を保つことができます。

 

学校・団体にとって大切な存在となる旗ですので、良いものをお作りいただくことをお薦め致します。

%e9%ab%98%e7%b4%9a%e6%97%97%e4%ba%8b%e4%be%8b1

■校旗・会旗・団旗、優勝旗に使われる生地の紹介をいたします。

%e6%a0%a1%e6%97%97%e7%94%9f%e5%9c%b0

■綴地(つづれ地)
最高級の校旗・会旗・団旗に使われる手織りのつづれ織り生地です。ご希望の色に染めた糸を織ります。
つづれ織りは職人さんが一織一織、丁寧に仕上げていくたいへんに時間のかかる織物です。

 
■琥珀地(こはく地)
たて糸には細糸、よこ糸には太糸を用いて平織りにし横方向に畝(うね)を表した織物。
渋くて深い色合いで重厚な手触りの生地。先染めした糸で織られています。

 
■やまと錦地(やまとにしき地)
二色以上の色糸で柄を織り出した生地。緯糸(ぬきいと※横糸)で地色と柄を織り出します。文様も平面になっています。

 
■綾錦地(あやにしき地)
しなやかな風合いがあり、伸縮性に優れています。シワになりにくい綾織の生地です。

 

生地についてはご予算に合わせておすすめいたしますので、ご相談くださいませ。

 

校旗・会旗・団旗、優勝旗などの高級旗についてはこちら→

Pocket

PAGE TOP