旗の事例 | オリジナル旗専門店ハタメク

旗の事例

2020.12.24

卒業記念で学校に旗を送りたい 校旗

卒業時期が近づいてくると多く問い合わせをいただくのが

「卒業生一同より学校に旗を送りたい」

というものです。

母校を愛し、感謝する気持ちがシンボルとなる校旗を送るという形になるって素敵ですよね。

 

今回ご依頼いただいたのは岩手県宮古市にある「宮古市立田老第一小学校」の卒業生一同からのご依頼です。

 

 

現在お使いの旗が大分古くなってしまったので新調したいとのこと。

確かに、お写真を拝見するとほつれや色あせがあり歴史を感じるものでした。

デザインは小学校の先生にしていただき、いただいたものがこちら。

 

 

illustratorでデザインされており、このまま使用してもよかったのですが、

ご使用のフォントの関係で、横棒が細いと染めが滲んでつぶれてしまう恐れがあるため、

「贈 令和元年度 卒業生一同」の文字をもう少し大きくしていただくご提案をいたしました。

 

最終デザイン案がこちらです。

文字の大きさを変更いたしました。

 

地の色は明るい紫で、とのことで弊社でDIC指定をいたしました。

 

出来上がりがこちら

 

 

なんとか横棒がつぶれずに染め上げることができました。

日当たりのいい場所での撮影ですのでだいぶ透けて見えますが、

その分風抜けがいいので傷みにくいです。

エクスラン生地は官公庁では指定の素材で、式典や祭典などの旗生地として使用されている

高級素材になります。

 

ご使用時のお写真をいただきました。

 

 

空の青とのコントラストがとても綺麗ですね。

コロナ禍での卒業式でしたのでとても大変だったと思います。

ご感想もいただきました。

 

~~~~~~

学校旗を製作していただき、ありがとうございました。

無事届きました。

本校では本日卒業式を行いました。

卒業生や保護者の皆さんに学校旗をお披露目することが出来ました。卒業生を見送る際には掲揚塔に掲げました。

コロナウイルスの影響で本来参加する予定だった4・5年生が参加できず旗を見てもらうことは出来ませんでしたが、

これからは在校生が新しい学校旗を毎日掲揚塔に掲げる予定です。

ありがとうございました。

~~~~~

 

これからこの校旗が歴史を刻んでいくと思うと感無量です。

生徒たちの思い出の1ページとなりますように。

ありがとうございました。

 

校旗仕様
サイズ:W1000mm×H700mm
生地:エクスラン
手染め1色

 

卒業シーズンや入学シーズンはご依頼が立て込みますので、

ご入用の予定がある場合はお早目にご依頼いただけますと幸いです。

 

ハタメクへ校旗のご依頼はこちらから

2020.04.22

イベントで使用する目印の旗のご依頼です(手旗 オリジナル)

イベントでの誘導で便利なのが手旗。

その場限りの紙での目印も多いですが、今後の使用頻度も考えて旗にしてみるのもひとつです。

今回は私もヘビーユーザーの一人、

日本最大の部屋のインテリア実例共有サイト「RoomClip(ルームクリップ)」様より、

展示会やイベントで使用する引率用の旗のご依頼です。

 

こちらはロゴメインの旗をご希望で、色の指定とともに出来上がりデータをいただきました。

赤ベタの地なので、レザーが白だと浮いてしまうので、別途料金をいただき、

レザーも地と同じ赤に変更いたしました。

 

ルームクリップ様 イベント旗

ルームクリップ様 イベント旗 裏面

素材が違うので全く同じ色にはなりませんが、基本的には地の色に合わせてレザー部分を染めております。

ほぼ変わらないお色になったかと思います。

 

かわいいロゴと相まってイメージカラーの赤が映えますね!

これなら会場でも一目で見分けられます。

レザーを同色にすることで、通常の手旗がランクアップした感じがします。

 

【オリジナル手旗(誘導旗)詳細】

サイズ:350mm×450mm

生地:テトロンツイル

仕様:両面印刷(染め抜き風)、レザー同色

 

オリジナル旗専門店 ハタメクへのお問い合わせはこちら

 

RoomClip様のサイトはこちら

2020.04.20

添乗時の誘導旗のご依頼です(手旗)

海外からのお客様を誘導する際の添乗旗のご依頼です。

京都の「合同会社トラベルラボパートナーズ」様。

主に屋外で使用するので雨や風にも丈夫なもの。というご希望でしたので

テトロンツイル生地をおすすめいたしました。

 

デザインは決まっておらず、手書きのイメージを送っていただきました。

手旗デザインラフ書き

他は会社ホームページのイメージでとのことで、こちらでいくつかご提案いたしました。

添乗員旗 デザイン案

この中から「2」のデザインで青をベースにして欲しいとのことで出来上がったのがこちら

手旗 添乗員旗の出来上がり写真

手旗 添乗員旗の出来上がり裏面写真

両面印刷で裏面からもバッチリです。

ホームページの青のイメージにもぴったりで大変気に入っていただきました。

これなら遠くからでもはっきりと見えますのでお客様も便利になることでしょう。

 

デザインが無い場合でも、いくつかイメージをいただければこちらで作成いたしますので

ぜひご活用くださいませ。

 

【添乗旗(手旗)詳細】

サイズ:300mm×450mm

生地:ツイル

仕様:両面印刷(裏は鏡文字の染め抜き風)

 

誘導旗 販売へのお問い合わせはこちら

 

合同会社トラベルラボパートナーズ様のホームページはこちら

2020.04.15

体育祭で使用する無地のカラー旗のご依頼をいただきました

体育祭で使用する無地のカラー旗のご依頼を某県立高校様よりいただきました。

無地の旗ですので、サイズと素材、カラーのご指定のみのご依頼でした。

 

体育祭で組別の目印なのか、生地は天竺木綿、横2m×縦1.5mの大き目のサイズです。

そのため、縦の生地の幅が足りないので2巾つなぎと言って真ん中を繋いでお作りさせていただきます。

小さい画像ですが、こんな感じになります。

 

色は「赤、青、黄、緑、紫、橙、黒」の7色です。

工場では色の指定が無いと染められませんので、弊社でDIC指定をいたしました。

(色の指定はDICの他に、PANTONE、CMYKでの指定も可能です)

体育祭で使用するカラー無地旗のカラーサンプル

今回はこのように指定いたしました。

赤とオレンジ、青と緑がはっきりと区別できるような色合いに指定しました。

 

そして出来上がったのがこちら

 

体育祭で使用するカラー無地旗出来上がり

大きいので広げて撮影ができなかったので納品の形のままで失礼します。

DIC指定ですと色のイメージがそれほど変わることなく仕上がっていることがわかるかと思います。

(紙への印刷と布への印刷は大分イメージが変わりますので、近似色とさせていただきます)

 

体育祭で使用するカラー無地旗の貼り合わせ部分

真ん中のつなぎ目はこのようにしっかりと縫製しています。

 

今年はコロナの影響で体育祭が開催できるか微妙ですが、

毎年使用するものとのことですので、長くお使いいただけるようにしっかり丁寧に仕上げました。

 

【無地カラー旗詳細】

サイズ:W2000×H1500mm

仕様:周囲縫製、本染め、2巾つなぎ、白レザー・ハトメ:上下3か所

色数:無地1色 ※無地ベタ

生地:ブロードまたは綿天竺(今回は綿天竺)

 

ハタメクでは体育祭で使用する旗もいくつかご依頼いただいております。

無地旗に絵を書く仕様のご依頼記事はこちら→

 

オリジナル旗専門店 ハタメクへのお問い合わせはこちら

 

2020.04.14

安全旗のご依頼をいただきました

工事現場や建築現場で必ず掲げなくてはならない安全旗。

今回はどちらも社内で使用するための安全旗のご依頼を受けました。

 

安全旗の場合、真ん中の緑十字は決まっているので、

大体は安全第一に社名を入れてください、というようなご指示をいただきます。

社名のフォントはお任せが多いですが、もちろん社名ロゴや会社のロゴマークも入れることができます。

 

ツイル素材の安全旗の出来上がり写真

 

こちらは文字は明朝体でとのご指示で、安全第一と社名を入れたものです。

社内掲揚のため、四隅にレザーを付け壁に貼り付けるような仕様になっています。

そのため裏面のプリントはしておりませんが、写真でみると裏面も結構染みていますので

コスト削減に片面のみ印刷でもいいかもしれません。

ツイル素材の安全旗の出来上がり写真 裏面

 

ツイル素材、安全旗のロゴ入り作成例

 

こちらは社名にロゴをプラスしたものになります。

左下のモザイク部分がロゴマークになります。社名はデータをいただいたロゴになります。

安全第一はゴシック体です。

 

室内で撮影したものと屋外で撮影したものでは

素材感が大分違うように見えますが、同じツイル素材の片面印刷です。

 

 

安全旗は緑十字のみの既製品があり、そちらは大量生産のため安価ですが、

社名を入れるとなりますと、弊社では通常のオリジナル旗として製作することになり、

1枚単価は既製品に比べてかなり高くなってしまいます。

コストを考慮する場合は文字なしの既製品をおすすめいたします。

 

安全旗についてのページ

 

オリジナル旗専門店 ハタメクへのお問い合わせはこちら

PAGE TOP