社旗 通販

こども園に変わったときに必要な園旗セット

BLOG

2018.02.17

こども園に変わったときに必要な園旗セット

幼稚園的機能と保育所的機能の両方を合わせて持つ単一の施設「こども園」
幼稚園と保育園の良いところを取り入れ、それらを活かしてつくった新しいタイプの一体化施設です。

 

平成18年に創設されてから、幼稚園・保育所から「こども園」へ移行をされた施設は園名を変えて「園旗(えんき)」を新しく作ります。

 

山形県うえだこども園様は、こども園に変わったときに必要な園旗を3点セットで作成くださいました。

1)入園式・卒園式で使うフレンジ付の園旗

2)屋外でポールに付けて使う園旗

3)遠足やイベントのときに使う手旗

この3点です。
うえだこども園さんの園章はおひさま。理念は「おひさまのようなぬくもりでみんなを包みます」

あたたかさがあふれる園章を入れて園旗を作りました。

山形県うえだこども園様ホームページ→

 

 

rogo-1
お電話で詳しく園旗の希望をお伺いし、園章の資料となる園のパンフレットとご希望の色見本を郵送くださいました。

 

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95
※データが無い場合はパンフレットなどからこちらでデータを作ってデザインを作ります

 

デザインで必要なことは「マーク」「園名の書体」「カラー」です。
園名は書体の希望があればお知らせいただきましたら近い書体で作ることができます。

 

デザインはいくつかの案をお出しいたします。

 

%e3%81%a7%e3%81%96%e3%81%84%e3%82%931

 

園旗の背景は空をイメージした「青色」

どんな色が良いのかお悩みでしたので今回は色校正をしました。
色校正とは本番の製作の前に、色のイメージの確認のために実物を縮小したサンプル作成のことです。
%e8%89%b2%e6%a0%a1%e6%ad%a3

 

背景の青色は右側の青色に決まりました。

デザインもカラーも決まって、いよいよ園旗の製作へと入りました!

 

 

スッキリした青空のような青色の背景におひさまがにこにこしているかわいい3点の旗が仕上がりました!

 

【入園式・卒園式で使うフレンジ付の園旗】

%e9%ab%98%e7%b4%9a%e5%9c%92%e6%97%978

 

【屋外でポールに付けて使う園旗】

%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%8d1

 

【遠足やイベントのときに使う手旗】

%e3%81%a6%e3%81%b0%e3%81%9f2

 

うえだこども園さんは雄大な鳥海山と田園風景が広がる豊かな環境の中にあるこども園です 。

こども園にふさわしいすてきな園旗に仕上がりました。

 

オリジナル旗専門店ハタメクでは、元保育士の旗コンシェルジュが園のイメージや理念をお聞きしながら先生方と一緒に相談して園旗を作っています。

幼稚園・保育園・こども園の園旗はハタメクにお任せくださいね。

 

園旗のご相談はハタメクまで

2018.01.25

東京都新宿区の中学校に校旗の納品をいたしました

東京都の新宿にある「新宿区立牛込第一中学校」さんに校旗を納品いたしました。

 

%e7%89%9b%e8%be%bc01

 

最初にオリジナル旗専門店ハタメクにお電話をくださったのは2017年9月末日。
「現在の校旗が古くなったので修理ができますか」というPTA会長さんからのお問い合わせでした。

 

 

まずは現在の校旗の写真を見せていただきましたが写真からの判断が難しかったため、旗のコンシェルジュ西松が中学校に訪問をいたしました。

 

 

校長先生、副校長先生、PTA役員さんがお集まりの中、校旗を見ながらご説明をさせていただきました。

 

 

校旗を拝見させていただいたところ、手刺繍で施されていた校章と学校名は素晴らしく、フレンジも高級で大変豪華な校旗でした。
50年以上は経過しているであろう古い校旗でしたが、このような豪華な校旗を作るのはかなりの金額だったと思います。
当時の関係者の方々が後世に残す旗として良いものを作ろうというお気持ちで作られたのだと思いますよとお伝えいたしました。

 

 

長い年月が経過した校旗の生地は色褪せており、刺しゅうはほどけていました。
修理は厳しい状態でしたので、新しく校旗を作ることをおすすめいたしました。

 

%e6%a0%a1%e6%97%97_0867

 

今年は創立70周年を迎えられる牛込第一中学校。
その記念にPTAから学校に何か残るものを贈呈しようと考えられていたようで校旗を贈ってはどうかという話になったようでした。

 

京都の一流職人が仕上げるハタメクの校旗。

創業130年の歴史のある旗工場で京都の職人さんが丁寧にお作りしますので品質は間違いのないものです。刺繍部分は手刺繍でほどこされ、フレンジや付属品も高い技術を持つ職人により作られています。
京都の伝統工芸士が作る品質の良い校旗をお納めいたしますので安心してご依頼ください。
必ず皆様に喜んでいただける校旗をお納めします。

 

このようにご説明をしたところ
ここなら間違いないと思って下さりPTA役員でご検討いただいた結果、
ハタメクで校旗をご依頼いただくこととなりました!

つづく

 

校旗・学校旗・学校専門のオリジナル旗の製作はこちらまで
高級校旗専門店 極-kiwami-校旗

2018.01.18

サッカー応援用のゲーフラ(ゲートフラッグ)を作りたい_No,1

「サッカー応援用のゲーフラ(ゲートフラッグ)を作りたいんです!」
とご来店をいただきました。

 

ゲートフラッグとはサッカー観戦の応援でサポーターが両手で持つ旗です。

11

 

両端にポール(棒)を差し込んで、両手で持って高く揚げて応援に使います。
ゲート(門)状に見える所から「ゲートフラッグ」と名づけられました。通称はゲーフラです。

 

7052

 

ご来店のお客様は「大宮アルディージャ」のサポーター歴10年、年間パスポートでスタジアムに通っていらっしゃるという熱狂的なサポーターJさん。

 
2017シーズンは、J2降格というくやしい結果に終わったが、2018年はJ1復帰を目指す大宮アルディージャ!

 
Jさんは今まではスタジアムの声援で応援をしてきたましたが「今年は自分なりの応援をしてみたい!」との想いで
『応援の目玉になるものを!』と考えゲートフラッグを作ることにしました。

 

インターネットで旗屋を調べて

〇来店して相談に乗ってもらえるという点

〇東京都世田谷区にあり交通が便利

ということで「ハタメク」にご来店くださいました。

 

Jさんがこれまでスタジアムで良く見かけたゲートフラッグは、

〇チームのエンブレム入り
〇チームマスコット入り
〇選手の背番号と応援のメッセージ
〇選手の写真やシルエット
〇外国人選手の場合は出身国の国旗

などが多いそうです。

ハタメクでは上記のどの組み合わせでもご希望をお伝えいただきましたらデザインをいたします。

 

Jさんは、選手に応援の熱い気持ちを伝えるために選手に喜んでもらえるゲートフラッグを作ります!
Jさんのゲートフラッグが出来るまでをシリーズで書いていきます。

 

つづきはこちら↓↓
サッカー応援用のゲーフラ(ゲートフラッグ)を作りたい_No,2→

 

img_1461

 

サッカー応援用のゲートフラッグご相談は「オリジナル旗専門店 ハタメク」まで

TEL:03-6265-8339 / FAX:03-6265-8336

 

お問い合わせはこちら→

2017.12.18

刺しゅうを施した美しい校旗を見せていただきました

兵庫県神戸市の神戸理容美容専門学校さんの

校旗を見せていただきました!


7203301

 

美しい紺色の生地に金色と銀色の糸で総刺しゅう(すべてが刺しゅうで作られているという意味)を施され、周りのフレンジも金色でとても豪華な美しい校旗です!!

 

こちらの校旗は神戸の震災の頃に作られたそうで、今から20年以上前に作られました。
20年以上経つ校旗ですが、大切に使われているので傷みもなくとてもきれいです。

やはり学校にはこのような華やかな校旗があると誇らしいですね。

 
神戸理容美容専門学校さんは、兵庫県の理容組合と美容組合から生まれたプロの育成学校で美容科・理容科があり昼間部と通信部があります。

学生さんの人数が多いので入学式、卒業式は2回ずつ行われるそうです。
晴れの日を飾る舞台に校旗がしっかりと飾られるとより一層良い式典になることと思います。

 
オリジナル旗専門店 ハタメクでは、さまざまな学校の校旗をご紹介しています。

 

校旗は学校のシンボルであり、各学校にて大切にされています。

 

校旗の制作についてはこちらをご覧ください→

 

 

2017.12.10

向陽こども園さんから園旗のご依頼をいただきました

秋田県 大館市「学校法人日景学園 向陽こども園」さんから園旗のご依頼をいただきました。

 

向陽こども園さんのホームページはこちら→

 

cropped-5

 

向陽こども園さんは、恵まれた自然を最大限に生かし地域の人々とのかかわりを重視した「体験型教育」を取り入れ、田植えや稲刈り体験、野菜を育てて収穫などの食育もしています。

 

向陽こども園の“ 向陽 ”という言葉には「ひまわりのように太陽に向ってたくましく成長して欲しい」という願いが込められています。

 

これまでの「向陽幼稚園」から園名が「学校法人日景学園 向陽こども園」と変わり、園旗を新しく制作することとなりました。

 

1

 

これまで使っていた園旗のイメージを活かしつつ、せっかくだからカラーは新しくしたい。とのご要望でカラーは園舎に使われている柱の「グリーン」に決まりました。
カラーのご指定については、ホームページの画像ではパソコンの画面により違って見えてしまい、お客様のご要望の色とこちらで把握した色が違ってくる場合がございます。

 

 

通常は、カラーのご指定はDIC番号で指定いただいたり、カラーの見本(印刷物)などをお送りいただいていますが、今回はホームページの画像の情報のみだった為、こちらからDICのカラー見本をお送りいたしました。

 

1204

 

選んでいただいたカラーは「DIC133」このグリーンに合わせて園旗の制作となりました。
新しい園旗のデザインは、園章の下に「向陽こども園」と園名を大きく入れます。

 

 

デザインとカラーが決まればこちらで作成したデータ(デザイン)を見ていただき確定しましたら、いよいよ制作に進みます。

 

 

向陽こども園さんの出来あがった「園旗」はこちらです!!

サイズは縦100×横150cmです。

70026

 

園章(園のマーク)を大きく中央に入れ、園名もはっきりとしてとてもすばらしい園旗に仕上がりカラーはご希望に近いもので染めることが出来ました!

 

園旗の生地は「エクスラン」この生地はシワになりにくく丈夫でよく風になびき、色あせしにくい生地です。
園旗で良く使われています。

1139

 

これまで使っていた旗の縫製がしっかりされていたので、今回も同様の仕様で周囲は折り返しミシン縫製をしました。
ポールに付けて使用する場合など、屋外でご使用には周囲の縫製を丈夫な仕様にすることもできます。

 

1135
向陽こども園さんから、「素敵な園旗を作っていただき有難うございました!」とのコメントと使用シーンの画像をお送りいただきました。

 

式典など屋内での使用の際は、国旗と並べて掲揚をされます。

 

2062

 

屋外ではポールに付けて使用されます。

空と雲と旗が一体化されていてとても素晴らしく園旗がはためいています!

2149

 

屋内、屋外の利用の場合はハトメ(ひもを通す部分)は左側上下に付けるようにされると両方で使用できます。
2058

 

向陽こども園さん、お写真をお送りいただきましてありがとうございました!
今後も園旗が活躍するのを楽しみにしております。

 

こども園に園名が変わることで、園旗を新しく作成する園が増えています。
園旗の作成を得意とするハタメクにぜひともご相談くださいませ。

 

園旗について詳しくはこちら→

PAGE TOP