校旗に使われるフレンジ

校旗に使われるフレンジ

2017.09.11
Pocket

高級仕様の校旗・会旗・団旗には周囲にフレンジと呼ばれる飾りが付いています。

フレンジとは、旗棒側以外の三辺に付ける房のことです。

 

%e9%ab%98%e7%b4%9a%e5%88%ba%e3%81%97%e3%82%85%e3%81%86%e6%97%97

 

 

フレンジにはさまざまな種類があり、旗の仕様により組み合わせます。

校旗・会旗・団旗の高級旗には、この2種より使用をします。

 

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b81
1)最高級の仕上げ・・・高級な校旗に使うフレンジ

「金糸製二重七宝網フレンジ」

金糸を編みこんだフレンジ。

ハッとするような煌びやかでたいへん美しく豪華なフレンジです。

 

 

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b81-175

 

京都の伝統工芸士が手作業で作成します。

編み混んでいく手法は仕立てにたいへん手間がかかります。

 

職人ならでは細かさと美しさがあるフレンジです。

フレンジと並行して金モール(金のテープ)を取り付けます。

 

2)一般的な校旗に使うフレンジ

「金真田付四段七宝網フレンジ」

 

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b82-2

 

四段に編みこまれている豪華なフレンジです。

校旗は一般的には、こちらのような四段のフレンジを使用します。

 

こちらも豪華な仕上がりで職人さんの手作りです。

 

校旗のフレンジは熟練した職人さんがひとつひとつ丁寧にお作りしています。

校旗について詳しくはこちら→

 

オリジナル旗専門店~ハタメク~
TEL:03-6265-8339

Pocket

PAGE TOP